求人情報
  1. トップページ
  2. キラリこの人
  3. 仕事で輝いている人や講師・メディア等の社会貢献活動を紹介さん
Topics
キラリこの人
(
HP準備中

仕事で輝いている人や講師・メディア等の社会貢献活動を紹介
)

シニア就労は重大な社会課題

シニア世代の活躍の場を増やすべく、この事業を始めて2年10ヵ月が経過しました。

事業としては駆け出しで、試行錯誤の最中にありますが、一方で、シニア求職者だけでなく、マスコミや行政機関の方が高い関心を示してくださっています。

どうして高い関心を示されるのか。

それはきっと「シニア就労は重大な社会課題」であるから。

2名で、2年10ヵ月で1000名を超えるシニア層(60代~80代)の仕事の相談を、直接、対面で受け、生の声を聴きました。

・こんなにも元気なシニアが仕事を探している日本

・日本人口の4分の1、3500万人を超える高齢者の知識、経験を活かしきれていない日本

きっと「シニア就労は重大な社会問題」であり、同時に「日本の未来を明るくする大事な一手」と考えるようになり、メディア掲載、行政や企業を対象とした出前講師など、啓発活動に取り組んでいます。 

この事業を立ち上げるに至った背景や経緯を以下に記載します。

~事業を始めた頃~

私自身、以前、介護事業の立ち上げに関わっており、老人ホームの施設長を3年ほど務めたことがあります。老人ホームに入所する方には、60代の方もおられます。一方で、100歳を超えても家で自立した生活を送っている方もおられます。年齢はあくまでも目安であり、相当の個人差がある。言うまでもない、当たり前の事実です。

しかし、労働市場においては、「60歳定年」、「65歳定年」が当たり前。このこと疑問を感じ、シニア世代の活躍の場を、と思いこの事業をスタートしました。

事業を始めたのは20189月、しばらくして、今度は「65歳=高齢者」という定義に疑問を感じ始めました。折しも、中国新聞の投稿欄で、「令和を展望する」というテーマで特集をすることを知り、初めて投稿したところ、掲載していただけました。

201952日掲載「高齢者 大切な働き手」)

如何でしょうか。何ともったいない。ご先祖様からバチが当たりそうです。

~コロナ前~

さて、コロナ前、広島に外国人観光客が沢山訪れていた頃は、慢性的な人材不足で悩んでいる事業者(介護事業者、宮島や宮島口の旅館やホテル、商工センターの食品工場)が多かった。5人に1人ぐらいの割合で、仕事の紹介に繋がっていました。紹介した方の年齢は65歳~70代前半ぐらい。「年金だけでは十分とは言えない・・・」「プラスアルファ、お小遣いが欲しい・・・」「家に居ったらダメになる・・・」という声をよく耳にしました。深刻に話される方もおられますが、多くの方は明るく話されます。

~コロナ禍~

そして、2020年に入り、新型コロナウィルス感染拡大によりシニア世代の活躍の場は急減しました。二つの理由があると考えています。

①感染、重症化を恐れ、シニア世代が仕事探しを躊躇した、諦めた。

②20代、30代、40代、50代の比較的若い層の求職者が多く、60代、70代が年齢を理由に採用を断られることが多くなった。

そんな中、2021年4月1日高齢者雇用安定法が施行されました。長く働ける世の中を作っていくために議論すべき機会が、コロナによって、正に一蹴されてしまったように思います。

この事業に寄せる思いとは逆行して、40代50代の方でも、年齢を告げると採用を断られる、という方が増えてきました。久々に、中国新聞に投稿をしました。

(2021年3月26日「皆が長く輝ける世に」)

最近は、50代の方の相談が特に多いです。

~現在~

2021年6月、緊急事態宣言は解除されましたが、先行きが見えにくい情勢が続いています。早く正常な状態に戻り、シニア世代も、それ以外の世代も、一人でも多くの方が仕事に就くことができることを祈っていますし、そのお手伝いをさせていただきたいと思います。

ご意見ご感想などございましたら、こちらまでお寄せください。

treasure@trehunt.midori-gr.com

株式会社 トレハン 山根 浩